男性

脂漏性角化症に要注意|皮膚を危険に晒すもの

バセドウ病の治療

カウンセリング

ホルモンの乱れで起こるバセドウ病ですが、他の病気の可能性もあるため、個人では判断せず医療機関を受診すると良いです。甲状腺の機能異常は専門病院を受診すると良く、最新設備の揃った環境には、傷跡の残らない外科手術もあります。

More...

医療機関を規模で選択可能

病棟

新宿にある内科は、立地が便利で通いやすい特徴を持っています。それぞれの内かに特徴があるので、自分自身の症状を理解してから医療機関を選ぶと、時間と労力のロスを削減することに繋がります。空き時間や仕事が終わってからなどスケジュールに合わせられるのも便利です。

More...

老人性イボの治療

医者

脂漏性角化症は、皮膚の老化を主な原因として顔や背中などにできるイボのことです。良性の腫瘍ですが、美容面への配慮から治療を行うことがよくあります。レーザーを使って患部を蒸散させたり、液体窒素で凍らせたりして取り除く治療法が主流となっています。

More...

皮膚の良性腫瘍の対策

カウンセリング

処理することは可能

脂漏性角化症は、皮膚の腫瘍です。形状は様々で平坦なものもあれば、隆起しているものもあります。色も様々で皮膚と同じ色をしているものもあれば、茶色や黒いものもあります。但し、腫瘍といっても良性の腫瘍です。従って、そのまま放置しておいてもかまわないの腫瘍です。もちろん、処理することは可能であり、見た目が気になる場合や、日常生活に支障をきたす場所にできてしまった場合は処理することが多い傾向にあります。処理方法は手術、電気焼灼、レーザー照射等、色々とありますが、最も行われている方法は冷凍凝固法です。この方法は綿棒に液体窒素を浸して、腫瘍に当てるという方法です。そうすると腫瘍が低温やけどして壊死してしまいます。壊死した腫瘍はカサブタとなり、カサブタは数日経てば、自然と?がれます。

紫外線が大敵

脂漏性角化症は、老人性疣贅や年寄りイボとも呼ばれています。そのことからも分かるように、脂漏性角化症は高齢者に発症しやすい疾患であり、皮膚の老化現象の1つとされています。但し、発症の傾向はあり、皮膚にダメージを受けていると発症しやすいと言われています。皮膚にダメージを受ける大きな原因の1つとなるのが、紫外線です。よって、紫外線を受けやすい顔や腕が発症しやすい場所となります。また、紫外線を多く受けている人は発症しやすい傾向で、そういった人は年齢を重ねなくても発症する場合があり、20歳台前半で発症している人もいます。従って、紫外線対策というのは非常に重要なことなのです。そして注意しなければならないことは、他の疾患である可能性があることです。脂漏性角化症ではなく、悪性腫瘍である場合もありますから、皮膚に異常が現れたら、すみやかに皮膚科を受診することが賢明です。