バセドウ病の治療|脂漏性角化症に要注意|皮膚を危険に晒すもの
病院

脂漏性角化症に要注意|皮膚を危険に晒すもの

バセドウ病の治療

カウンセリング

正常であれば成長に関わるホルモンが適度に分泌する甲状腺ですが、機能異常になると分泌が過剰になったり、分泌が少量になったりして、全身に影響を与えます。この状態を機能異常と呼びますが、ホルモンバランスが乱れたまま放置すると、やがて大病を引き起こす可能性があるため注意が必要です。甲状腺ホルモンが過剰に分泌されている状態を甲状腺機能亢進症と呼びますが、大量の発汗や異常な眠気、手足の震えや動悸等の症状が現れます。これらの症状はホルモンの乱れが引き起こしていますが、他の病気とも間違われやすいので注意が必要であり、個人で判断せず医療機関を受診します。また20代から30代までの女性の発症率が高いですが、男性や高齢者にも患者はいるため、誰でもなりうる病気です。少し移動しただけで息遣いが荒い、安静にしているのに頻脈になる、昼間眠くて仕方が無い場合は、一度内科を受診すると良いです。

甲状腺の機能異常は見た目では分かりにくく、血液検査や超音波検査、心電図等によって初めて判明する事がほとんどです。そのため体調不良を感じた人の多くは内科を受診しますが、長期治療になる場合は専門病院を選んだ方が良いです。甲状腺の専門病院は全国でも数が少ないですが、必ず存在するため、本格的に治したい人にとっては最適です。最新の医療設備と治療環境が揃っているため、体に負担をかけずに治療が受けられ、確実に治す事ができます。甲状腺の治療には外科手術と放射線治療と服薬がありますが、治療はライフスタイルに合わせて選ぶ事ができます。最新治療ではこれまで目立つ傷跡が問題となっていた外科手術も、傷跡がほとんど残らない手術に進化しています。